2009年11月08日

イントラネット使用についてのセキュリティ2

イントラネットを使用するにあたって、セキュリティ対策をする必要があります。そのセキュリティの1部をご紹介しますので、是非参考にして実行してみて下さい。

【ウィルス対策】
サーバーにウィルスが侵入してしまうと、重要な書類が破壊されてしまう可能性があります。近年、ウィルスに関する被害は増大していて、対処しても新たなウィルスが発生してくると言うイタチごっこ状態になっています。とは言え、何もしないとただ危険に身をさらしている様な物ですので、サーバーやクライアントには、ウィルスバスター等のソフトをインストールしておく必要があると思います。

ウィルス対策ソフトの機能には、侵入してきたウィルスをチェックして駆除すると言う機能が付いています。また、手動でチェックする訳ではなくて、メールが受信された時、ファイルをコピーする時、ファイルを書き込む時等、そのタイミングに合わせて自動的にチェックしてくれるので、サーバーやクライアントがウィルスに感染するのを防ぐ効果が期待できます。

それでも、ウィルスに感染する事はあると思いますので、その場合は早急な対処をする様にしましょう。

【バックアップ】
サーバーに重要な書類や情報等を置いておくのも良いですが、万が一ウィルスに感染するとか、クラッシュしてしまってサーバーが故障するとか、間違ってファイルを削除してしまうとか予期せぬ出来事と言う事があります。そうすると大切な物を失ってしまう事になります。

そう言った被害を最小限に抑える為にも、高頻度でバックアップを取っておく必要があります。定期的にバックアップする様にシステム上、イントラネットのスケジュールを組んでおく事が大切です。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イントラネットの留意点

イントラネットを入れようとする際、メリットばかりを見てしまって、留意しなければならない点とかを見過ごしてしまう可能性があります。導入してから「失敗した」「考えてなかった」とか思う事が無い様に注意するようにしましょう。

そこで、イントラネットを導入する際の留意点を挙げてみたいと思いますので、参考にしてみて下さい。

【自社システムの把握】
現状、自分の会社で取り入れているシステムの事を把握する必要があります。その上でイントラネットを導入するメリット、どういう情報を共有する為に導入するのか、導入する必要があるのか、と言う事を考えていく必要があります。

【インターネットの事を考える】
イントラネットを導入する上で、インターネットの事も理解しておく必要があります。イントラネットはインターネットの狭い版と考えてくれれば良いですので、せめてメールの送受信位は何でもなく出来る様にしておきたいものです。

【アドバイザー】
イントラネットを導入する上で、従来あるシステムに凝り固まっていては、有効的に使う事が出来ません。ですから、別の視点で見る事が出来るアドバイザー的な人がいると、色々な有効的利用方法を教えて貰えるかもしれません。

【セキュリティ】
とても大切な事ですが、イントラネットは外部(インターネット)と接続されている為に、外部からも侵入される可能性があります。その為、外部と遮断できる様にセキュリティもしっかり考慮する必要があります。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LANとネットワークについて

日本国内の会社に導入されているパソコンに入っているOSは、そのほとんどがマイクロソフトウィンドウズであると思われます。逆にマイクロソフトウィンドウズ以外のOSを使っている会社と言うのは、独特な仕事をしている所ではないかと推測されます。

もちろん、ウィンドウズ以外を使っているからと言って悪いと言っている訳ではありません。ただ、今の日本ではウィンドウズがやはりシェア率がかなり高い事も有って、使いやすさと言う点から見てもウィンドウズを使う人が多いのは事実です。

イントラネットを導入するにあたって、サーバーにOSを入れるのであればMicrosoft Windowsを入れた方が無難であると言えます。それをどう活かしてイントラネットを構築していくかは設計者の腕次第と言う事になるでしょう。

ウィンドウズをイントラネットで使うには、コスト面からみると結構な痛手となる事が多いと思いますが、管理面や利用者が使う面を考えたらウィンドウズはやはりメリットが大きいと言わざるをえません。

とは言っても、セキュリティ面を甘く見てはいけません。社内だけでも色々な情報が錯綜しているのですから、イントラネット上でもセキュリティはしっかり行わなくてはならないのです。

実際に、ネットワークを社内で構築する場合、初心者であるならばドメインやワークグループと言った、用語についても覚えていかなければならないと思いますので、整理しておく必要があります。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。