2009年11月08日

イントラネットのファイアウォール

インターネットの技術を利用して、社内におけるネットワークを行うと言う意味の物をイントラネットと呼んでいます。intraは「内部の」と言う意味、netは「ネットワーク」の意味で「内部のネットワーク」と言う意味で作られた造語になっています。

インターネットが普及してきている今、インターネットの技術を企業内でも取り入れる事で、費用も低額で抑える事が出来ますし、ネットワークサービスも高度な物が使用できるようになります。またイントラネットを導入する事で、企業内での情報の共有が出来る様になりますし、情報提供等も制限付きで行える様にもなります。

インターネットと、イントラネットのアクセスはとてもスムーズに行う事が出来るのも魅力ですが、インターネットからアクセスが自由に出来てしまうと、社内情報が漏れてしまう可能性も出てきます。そう言った事を阻止する為にも、イントラネットの入口付近にファイアウォールを設けて、インターネットからはアクセスが制限される様にする事も出来ます。また、VPNと言う機能も有って、内部の機密情報は守られるのに、外からイントラネットにリモートアクセスできる様な仕組みも出来るのです。

そのファイアウォールについてですが、イントラネットのネットワークが、インターネットにIP接続されているのですが、その接続に対して安全性を考慮してアクセス制限機能を設けると言う装置になります。

サーバーにしているパソコンはインターネットに接続されているので、自由にアクセスが可能です。ですからネットワーク上のセキュリティが低下してしまう可能性があるので、そのセキュリティを確保する為にもアクセス制限が必要になるのです。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イントラネットのTCP/IPとは

インターネットの仕組みを、会社等の企業に導入されているLANに組み込んで構築したネットワークの事を「イントラネット」と言う様に呼んでいます。

インターネットには、私達が考えもつかない様な量のサービスがあります。そのサービスをLANの中に取り込んで使うのです。ですから、イントラネットを構築する為には、インターネットの技術も知っておく必要があるのです。

皆さんが住んでいる家には、それぞれ住所やマンションなら部屋番号があります。それと同じ様にインターネット上においても、インターネットを使っているパソコンには「IPアドレス」と言う番号をそれぞれ持っているのです。こう言った仕組みの事を「TCP/IP」と言う様に呼んでいるのですが、このIPアドレスを利用して、パソコン同士の通信を行うと言う事になるのです。

TCP/IPの表記は、8ビット×4ブロックを10進数にて表記すると言う事になっています。例えば「192.123.11.9」と言う様な表記方法です。同じIPアドレスは存在しないのですが、万が一有った場合には正常に機能しなくなると思って頂いて良いでしょう。

TCP/IPは2つのプロトコルによって定義付けされています。TCPの方がIPより階層が上になり、ソフトウェアに依存している事になっています。依存と言うと分からないでしょうが、IPアドレスで指定されたアドレスを元に、TCPで実際の通信制御を行うと言う事です。ですから、このTCP/IPはイントラネットでネットワークシステムを構築する際には、必ず必要になる物なのです。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イントラネットを使う事が有効なのは何故か

イントラネットを使う事は、使わない事に比べて何故有効だと言えるのでしょうか。

パソコンが普及してきてから、様々な企業内ではネットワークを取り入れる様になってきました。そのネットワークも統一性が無かったので、企業により使用しているシステムが異なってきていた様です。例えば、LAN(ローカルエリアネットワーク)を利用する場合には、LANマネージャー、WinNT、ネットウェアと言った物を使用していた為に、それぞれにネットワークプロトコルが設定されていました。その為、パソコン同士を接続させる事がとても困難だったと言えたみたいです。

ところが、インターネットを利用する事により、オープンアーキテクチャが発展して来ました。それによってTCP/IPと言う共通のプロトコルを利用して、コンピュータを接続する様になりました。

TCP/IPはネットワークプロトコルになりますので、共通のネットワークプロトコルを使用出来る様になった為、何台でもパソコンをネットワークに接続する事が可能になりました。それにより、サーバーに置かれている情報を、ブラウザを使って複数台のコンピュータで見る事が可能になりますし、同じシステムを動かす事も出来る様になります。更に、クライアントにインストールするソフト費用も、低価格で構成する事が出来ますので、簡単でしかも手軽に利用する事が出来ます。

ですから、昔のネットワークと比べると、イントラネットは格段に有効的ではないかと思います。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。