2009年11月08日

グループウェアを利用するメリット

イントラネットではグループウェアを利用すると思うのですが、グループウェアを利用するメリットとは一体どういう物なのでしょうか。

【生産性の向上】
近年「IT化」と言う言葉が取りざたされる様になってきましたが、ITと聞いてイメージするものと言ったらやっぱり「パソコン」と答える方は多いのではないでしょうか。パソコンは今や1家に1台以上は有る様な感じで、情報を直接修正したり作成したり、取り出したりする事が可能です。そう言った事を利用するのもITを活用していると言って良いでしょう。また、パソコンを使って資料作成をしたりデータを整理したりする事で、仕事上における生産性の向上と言うのも、確実に上がってくるのではないでしょうか。

【チームワークの強化】
ネットワークと言うのも、パソコンやインターネットを使っていると思い浮かぶ言葉だと思うのですが、ネットワークによってパソコンを介して、人と人が繋がる、情報が繋がる、共有出来ると言うのはかなりのポイントだと思うのです。電話が減った今、メールをやり取りする事で時間の短縮にも繋がってきましたし、イントラネットみたいに社内専用ネットワークを使用すると、容易に遠くにいる人ともやり取りする事が可能です。そうする事で、チームワークが強化され、距離もあまり関係なくコミュニケーションを取れる様になるのです。

【データベース化】
イントラネットを導入する事で、社内で情報をネットワークで結ぶ事が出来ます。個人の知識をデータベース化して、サーバーにおいておくだけで、好きな時に他の人が参照して、知識の共有が出来る様になる等、グループウェアを導入すると、日々の情報が蓄積されて言って会社の発展に繋がっていくのではないでしょうか。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イントラネットの動向

個人情報保護法が取りざたされる等、社内情報システムの基盤としてイントラネットは、たくさんに企業に浸透していると思われます。

メールで資料が送られてきて、リアルタイムに見られる事とは別にして、イントラネットにすると、文書や資料と言った物は自分達で最新情報を取りに行かないと駄目になります。イントラネットではいつでも最新の情報が置かれているのですが、自分で見に行かないと自分の物にはなりません。ですから、いくらイントラネットが導入されていても、全く情報を持たない人と言うのも、もちろん出て来る様になります。

今まで、アメリカ等先進国においての産業は、コンピュータを導入する事によって、事務処理の効率化、低コスト化と言った課題を進めてきましたが、イントラネットが普及するにつれて、質そのものも向上してきた様に感じます。その為に、国際競争力がアップしてきているでしょう。

また、今のイントラネットの重要な課題点としては、ソフトウェアやアプリケーションなどに依存していると言う事が挙げられます。

今後、情報に関しては量を知っていると言う事よりは、どの位上質で、どの位早く知っているかと言う事がカギとなります。プログラマーが何ヶ月もかけてプログラムを作って発信するのももちろんありますが、個人でWebなんかを作って発信すると言う事ももちろんしていきます。

今後は、簡単にWEB上でも発信出来る様に、イントラネットにおいてもソフトウェア製品が重要なカギとなる事は間違いなさそうです。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イントラネットのWebサービス

Webサービスはイントラネットでのサービスになるのですが、元々はインターネット上に表示されているホームページがありますが、その仕組みと同じ仕組みでイントラネット上にWebサーバーを建て、社内専用の物として実現する事が可能です。

社内でイントラネットを利用している人にとっては、インターネットやイントラネットと言う区別は無く、あたかもインターネットで見るのと同じ様な感覚で情報を取得出来ると言う事になるのです。

こう言った情報の共有と言う点については、イントラネットで使われるファイルサーバーと同じ様な感じになるのですが、Webサービスでは他にソフトウェアを使う事が無くて、ブラウザさえあれば情報を取得する事が出来るので、更にコスト面においてもメリットが出る事になります。

Webサーバーとして有名な物としては、Oracleデータベースを搭載したり、Microsoft SQL Serverを搭載したりしてWebサーバーを構築している会社も多い様に思えます。

元々、イントラネットにおいてWebサービスと言うのは、あまり普及していないでオプション的な感覚のものでしたが、現在においてはどの会社もがWebサービスを導入している程主流なサービスになっています。

イントラネットにおいては、今でもより便利に使える様に様々な工夫がされていますが、今後、セキュリティ面や便利面と言った所から益々発展していくのではないかと思われます。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。