2009年11月08日

家庭内でイントラネットを利用する

現在の日本において、核家族化が進んでいるだけではなく、個人主義の様な感じで、家族団らんで食卓を囲むなんて言う事も少なくなってきているのではないでしょうか。

同じ家にいるのに、親と子が何を話したらいいのか分からなく、子供が考えている事が分からなくなって、話をする機会さえも減ってきていると言う状況も増えてきています。つまり、1つの家庭において家族皆が孤立していると言っていいでしょう。

口に出して何を話して良いのか分からないと言う場合には、メールと言う手段を使って文字でコミュニケーションを取ればいいですし、誰に話して良いのか分からないと言う場合には、掲示板タイプのコミュニケーションツールを利用すれば、気兼ねなくコミュニケーションも取れる様になってきます。そんな方法でしかコミュニケーションが取れないと言うのは、ちょっと寂しい様な気もしますが、話し合う事が難しくなってきているのであれば、そう言った手段を使って意思疎通をはかるのも良いのではないでしょうか。

それに役立つのが家庭用のイントラネットだと思います。メインに使っているパソコンをサーバーにして、それぞれ携帯電話を使用したり、小型のモバイルパソコンを利用したりしてイントラネットを構築します。そこで、家庭内においてWebページを作成しても良いでしょうし、チャットを利用してコミュニケーションを取るのも良いでしょう。時間と場所を選ばないで出来るのも魅力的かもしれません。これを使用すると、遠くに住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんとも簡単にコミュニケーションを取る事が可能になる事でしょう。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。