2009年11月08日

イントラネットで社会が変わる

イントラネットを導入する事によって、日本の企業を始めとする社会全体が変わっていく物と思われます。何故かと言うと、今の日本と言うのは色んな物に対して、熟練された技や知識を持っている人を崇めて尊敬して、重宝すると言った扱いをするのですが、その技や知識を他の人にも分け与えて、誰もが同じレベルまでにしようと言う考え方は低い物と思われるからです。

そうなっていくと、経験・技術・知識はその人個人だけの物になる可能性があり、誰とも共有出来なくなるので、それ以降の発展性も見出す事が出来ないと言う事になります。ですから、いざ問題が起きた時にその人がいないと、なす術もなく立ち往生してしまって、その人が対応するまで、システムが麻痺してしまうと言う事が、ざらに有る様になります。

WWWサーバーと言ったイントラネットによる、情報の共有化が進んでいくにつれ、そう言った事象も少しずつではありますが、解消されてくる様になっています。経験や技術・知識等を利用して、新たな事にチャレンジする可能性も出て来るのです。そうして昔から社会も変わって来ているのです。

また、イントラネットでは共同で作業や業務を行う事が出来る、グループウェアも利用する事が出来ます。その上画像や音声なども含まれた文書も送受信したり、表示したり出来るので、情報をより分かりやすく伝達できると言う事も可能です。

WWWサーバーにはそう言った、伝達・管理・配布と言った物が容易に出来る様になるのです。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132317120

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。