2009年11月08日

イントラネットの歴史

今では「イントラネット」と言う言葉も有る程度知っている人がいると思いますが、元々は「インターネット」と言う言葉が定着した事を受けて登場した言葉になります。

最初の内は、LANやWANと言ったメーカー毎に設定されていた独自のプロトコルを使用していたのですが、それに対してインターネットで使われている通信プロトコル「TCP/IP」「FP」と言った物を取り入れて、汎用的にシステム構築して導入する事にし、その実現その物が低価格化で出来ると言うのが目的でした。

導入し始めの頃は、汎用コンピュータ、オフコンと言ったメインフレームがとても高価な物だったので導入には困難を極めるかと思ったのですが、比較的安価で導入しやすい通信機器の方から導入する事になった様です。

先ずは、その当時のコンピュータ類がモデルチェンジする際、インターネットで標準化されていた10BASEと言ったインターフェイスを標準で搭載する様にしました。これにより、インターフェイスに関しては共通化される事になりますので、メーカーを問わず通信が簡単になり、その分コストが抑えられる事になりました。また、Windows3.1以降、パソコンが一般的に普及してきた事に伴い、更に低価格化が進んできた様です。

最初の内は、イントラネットと言っても内部も内部、同一社内におけるパソコンやコンピュータの通信のみに限られていたのですが、光モデムなどが開発された事により、物理的に離れた所に有る所とでも通信が可能になる様になりました。こうやってやっと今のイントラネットの基盤が出来あがって来たのです。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。