2009年11月08日

イントラネットと他の物との違い

イントラネットの他に、インターネット、イーサネット、エクストラネット、WAN、と言う様に色々パソコン用語がありますが、それぞれ何がどの様に違っているのか分かりますか。

先ず皆さんが良く知っている「インターネット」についてですが、TCP/IPと呼ばれるプロトコルを使用して、全世界に繋ぐ事が出来るとても大きなネットワークの事を指しています。インターネットはとても優秀な物で、全体を仕切っているコンピュータが存在しません。つまり世界中にある無数のサーバーが、各々繋がってサービスが提供されていると言う物なのです。

次に「イーサネット」ですが、当時の「Xerox」「DEC」と言う2つの会社で考案されたLAN企画の事を指しています。現在ではこのイーサネットを使っているLANが標準化として使われています。

次に「エクストラネット」ですが、イントラネットは通常1つの企業内において使われるネットワークですが、エクストラネットを使う事によって複数の企業のイントラネット同士が接続される事になります。接続する為の回線には、専用回線またはインターネットを利用する為、比較的安価で使用する事が出来ます。

次に「イントラネット」ですが、インターネットの技術を使用して構築された、社内ネットワークの事を指しています。

最後に「WAN」ですが、ワイドエリアネットワークの略で、イントラネットの縮小版と思って頂ければ良いと思うのですが、電話回線、専用回線等を利用して、地理的に離れている所にあるコンピュータ同士を接続させる事を指しています。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132317115

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。