2009年11月08日

イントラネットのセキュリティにファイアウォール

コンピュータが1家に1台と言う感じで、物凄い普及を遂げている今、インターネットによる多くの犯罪も多くなってきました。例えば、「コンピュータ犯罪」「ウィルス」「個人情報の漏洩」なんて言うのも、だいぶ聞きなれている位耳にする事が多くなっているのではないでしょうか。

とは言う物の、コンピュータのセキュリティや、社内等でイントラネットを導入していて、個人情報管理をしっかりと言われても、何をどこから手を付けたらいいのか分からないと言うのが本音の所だと思います。

セキュリティは、自分の家に鍵を付けたり、ボディガードを付けたりする様な感じの物だと思って貰うと良いでしょう。

セキュリティに関しては、色々方法があります。会社内で言うと、セキュリティの為の鍵を付ける事が大切で、盗まれたらその対処をして、犯人を捕まえると言う事をしなくてはなりません。

イントラネットはインターネットとも繋がっていますので、外部から不正にアクセスされたりする可能性もあります。その保護をする為のセキュリティシステムがファイアウォールになります。

ファイアウォールを導入する目的としては、イントラネット上に必要な通信だけを通過させる様にして、それ以外の通信からアクセスされた時は通過させないで遮断させると言う事になります。通常は、イントラネットからインターネットのアクセスは可能だけど、インターネットからイントラネットへのアクセスは制限がかけられると言う事になります。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。