2009年11月08日

グループウェアを利用するメリット

イントラネットではグループウェアを利用すると思うのですが、グループウェアを利用するメリットとは一体どういう物なのでしょうか。

【生産性の向上】
近年「IT化」と言う言葉が取りざたされる様になってきましたが、ITと聞いてイメージするものと言ったらやっぱり「パソコン」と答える方は多いのではないでしょうか。パソコンは今や1家に1台以上は有る様な感じで、情報を直接修正したり作成したり、取り出したりする事が可能です。そう言った事を利用するのもITを活用していると言って良いでしょう。また、パソコンを使って資料作成をしたりデータを整理したりする事で、仕事上における生産性の向上と言うのも、確実に上がってくるのではないでしょうか。

【チームワークの強化】
ネットワークと言うのも、パソコンやインターネットを使っていると思い浮かぶ言葉だと思うのですが、ネットワークによってパソコンを介して、人と人が繋がる、情報が繋がる、共有出来ると言うのはかなりのポイントだと思うのです。電話が減った今、メールをやり取りする事で時間の短縮にも繋がってきましたし、イントラネットみたいに社内専用ネットワークを使用すると、容易に遠くにいる人ともやり取りする事が可能です。そうする事で、チームワークが強化され、距離もあまり関係なくコミュニケーションを取れる様になるのです。

【データベース化】
イントラネットを導入する事で、社内で情報をネットワークで結ぶ事が出来ます。個人の知識をデータベース化して、サーバーにおいておくだけで、好きな時に他の人が参照して、知識の共有が出来る様になる等、グループウェアを導入すると、日々の情報が蓄積されて言って会社の発展に繋がっていくのではないでしょうか。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。