2009年11月08日

イントラネットのWebサービス

Webサービスはイントラネットでのサービスになるのですが、元々はインターネット上に表示されているホームページがありますが、その仕組みと同じ仕組みでイントラネット上にWebサーバーを建て、社内専用の物として実現する事が可能です。

社内でイントラネットを利用している人にとっては、インターネットやイントラネットと言う区別は無く、あたかもインターネットで見るのと同じ様な感覚で情報を取得出来ると言う事になるのです。

こう言った情報の共有と言う点については、イントラネットで使われるファイルサーバーと同じ様な感じになるのですが、Webサービスでは他にソフトウェアを使う事が無くて、ブラウザさえあれば情報を取得する事が出来るので、更にコスト面においてもメリットが出る事になります。

Webサーバーとして有名な物としては、Oracleデータベースを搭載したり、Microsoft SQL Serverを搭載したりしてWebサーバーを構築している会社も多い様に思えます。

元々、イントラネットにおいてWebサービスと言うのは、あまり普及していないでオプション的な感覚のものでしたが、現在においてはどの会社もがWebサービスを導入している程主流なサービスになっています。

イントラネットにおいては、今でもより便利に使える様に様々な工夫がされていますが、今後、セキュリティ面や便利面と言った所から益々発展していくのではないかと思われます。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。