2009年11月08日

イントラネットのTCP/IPとは

インターネットの仕組みを、会社等の企業に導入されているLANに組み込んで構築したネットワークの事を「イントラネット」と言う様に呼んでいます。

インターネットには、私達が考えもつかない様な量のサービスがあります。そのサービスをLANの中に取り込んで使うのです。ですから、イントラネットを構築する為には、インターネットの技術も知っておく必要があるのです。

皆さんが住んでいる家には、それぞれ住所やマンションなら部屋番号があります。それと同じ様にインターネット上においても、インターネットを使っているパソコンには「IPアドレス」と言う番号をそれぞれ持っているのです。こう言った仕組みの事を「TCP/IP」と言う様に呼んでいるのですが、このIPアドレスを利用して、パソコン同士の通信を行うと言う事になるのです。

TCP/IPの表記は、8ビット×4ブロックを10進数にて表記すると言う事になっています。例えば「192.123.11.9」と言う様な表記方法です。同じIPアドレスは存在しないのですが、万が一有った場合には正常に機能しなくなると思って頂いて良いでしょう。

TCP/IPは2つのプロトコルによって定義付けされています。TCPの方がIPより階層が上になり、ソフトウェアに依存している事になっています。依存と言うと分からないでしょうが、IPアドレスで指定されたアドレスを元に、TCPで実際の通信制御を行うと言う事です。ですから、このTCP/IPはイントラネットでネットワークシステムを構築する際には、必ず必要になる物なのです。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。