2009年11月08日

イントラネットを使う事が有効なのは何故か

イントラネットを使う事は、使わない事に比べて何故有効だと言えるのでしょうか。

パソコンが普及してきてから、様々な企業内ではネットワークを取り入れる様になってきました。そのネットワークも統一性が無かったので、企業により使用しているシステムが異なってきていた様です。例えば、LAN(ローカルエリアネットワーク)を利用する場合には、LANマネージャー、WinNT、ネットウェアと言った物を使用していた為に、それぞれにネットワークプロトコルが設定されていました。その為、パソコン同士を接続させる事がとても困難だったと言えたみたいです。

ところが、インターネットを利用する事により、オープンアーキテクチャが発展して来ました。それによってTCP/IPと言う共通のプロトコルを利用して、コンピュータを接続する様になりました。

TCP/IPはネットワークプロトコルになりますので、共通のネットワークプロトコルを使用出来る様になった為、何台でもパソコンをネットワークに接続する事が可能になりました。それにより、サーバーに置かれている情報を、ブラウザを使って複数台のコンピュータで見る事が可能になりますし、同じシステムを動かす事も出来る様になります。更に、クライアントにインストールするソフト費用も、低価格で構成する事が出来ますので、簡単でしかも手軽に利用する事が出来ます。

ですから、昔のネットワークと比べると、イントラネットは格段に有効的ではないかと思います。
posted by イントラネット at 10:00 | TrackBack(0) | イントラネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132317098

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。